ブログトップ

田舎への憧れ、そして池原ダムに魅了されて・・・

botocon.exblog.jp

“人里離れた田舎でのひとり暮らし・・・”

【今日の出来事・・・『今日も池原へ、ちょい出×2!』】               2013年3月15日(Fri)

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。
さて、実は、本日も池原に浮いております。

この日の天候は、昨日の8~9℃台に迄しか上がり切らない最高気温(+強風のババ荒れ)とは打って変わっての
ポカポカ陽気!日中の最高気温は、17℃に迄上昇していた。

これで3月に入ってからと言うもの(厳密に言えば、2月22日以降~)、不規則ながらも着実に三寒四温の
バイオリズムにて気候が変化を遂げている。

『ホントに、もう、間も無く!』のタイミングを計りつつ、積極的に湖上へと足繁く通っているのですが、
『後僅か!?もう一歩!』と言った感じで、未だ、バスがシャローに浮いて来ている感が否めない!

湖の表層水温も、著しく上昇している条件では決して無く、朝では8℃台後半・・・
日が射すに連れ、日照時間の影響で、9℃台に差し掛かっている。
尚、陽だまりの良いワンド奥では、11℃台に達しているスポットも存在してはいるが、ウロ着くバスの姿は
確認出来てはいない・・・

因みにこの日は、『久しぶりの白川筋方面をメインエリアに!』と考えていたので、気温の上昇と共に、
少しでも表層水温が上昇するであろう上流部は、一番最後に!と、後回しにして、
小野岬やトリワ谷内のチェックから開始し、下流域~中流域のエリアチェックに至って見たのだが・・・

夕方に白川筋上流部に入ったところ、ほぼ同時のタイミングで、4艇のボートとバッティングし、
『皆、同じ考えの人達ばかりなのだろうか?・・・』 白川筋・上流部の雰囲気は非常に良く、
表層水温も、9.4℃位と、以前の雪シロによるダメージも感じられず、キツ目の白濁色の水質に
心躍らされたのだったが、ハードベイトでの徹底シャロー打ち攻略では、ノーバイト&ノーフィッシュ!にて
終わってしまった。

来週末に開催される村興しのイベントである、“上下漁協主催バス釣り大会”、そして、その翌週末に開催される
“池原チャプター第2戦目”には、自身のノルマとしている『リミットメイク&お立ち台』を達成させる事が出来るのか?

まだ、先が見えて来ない状況にハラハラ・ドキドキしています。

追伸:3月19日(Tue)~トボトスロープ準スタッフとして復活します!
   特には、レンタルボートを担当する予定なので、色々と悩みなどをブツけて見て下さい!



視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
d0204114_23385476.jpg
[PR]
# by bottom-contact | 2013-03-17 09:30 | Bassfishinng
【今日の出来事・・・『今日も池原へチョイ出!』】               2013年3月14日(Thu)

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービスBOTTOM CONTACTの井上 太です。

さて、寒冷前線の影響で昨日の夕方から降り始めた大雨は、上北山で30ミリ、風屋で40ミリとの総雨量を記録していた。(気象庁調べ)

『今日も何か?起こるかな?』との甘い期待とは裏腹に、この日のコンディションは・・・
気温は、10℃を下回っており、おまけに雨後の翌日と言う事もあって、ババ荒れの強風!!
しかも、湖の表層水温が、8.7℃と更に低下してしまっている。

それも想定内と言う事もあって、スタート時は各渓谷ワンド状の最奥部を回って見た。『ここなら、風は凌げる!と・・・』
本来なら、『各筋の最上流(BW)部を見に行かなくては!』なのですが、期待も薄かったので、後回しに・・・
d0204114_8594586.jpg

結局、備後筋・最上流(BW)部には上がって見たのだが、全くもっての異常無し!状態だった。
と言うよりは、爆風&冷たい風で寒過ぎ!

この日は、再びのオールウェザースーツ(防寒着よりも薄め)を着用!し、合わせて、指出しグローブ&ネックウォーマー
&ほっカイロ&ウインターブーツ等の防寒対策を持ってしても、ガチに寒かった。

結局、途ある行き着けワンドの最奥にて、43cmをキャッチ!する事に至った。が、これ1尾のみの釣果だった。
d0204114_902525.jpg

今回釣ったバスの口内は赤くなってはいなかったが、1度目のバイトチャンスに、ドラグがゆるんでおりフックアップミス!
その後の1m後にセカンドバイト!があった程の比較的アクティブなバイトだったので、気持ち良かった!
d0204114_904412.jpg

使用タックル及び、ヒットルアーは!次の通り・・・
アベラバ(ツインガード)7g+アンクルゴビー3.5インチ
パワーフィネスタックル・・・スピニング69M【BRDS-69M】&PEライン+8lbショックリーダー


視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
d0204114_23385476.jpg
☆池原ガイドサービスに関する、ご案内&お問い合わせは、
  こちらへ・・・
\ 25,000-(お一人様/8時間枠)
  携帯:090-4909-3887  
  HPメール:bottom-contact@ezweb.ne.jp
  PCメール:b-c2104@m5.kcn.ne.jp
[PR]
# by bottom-contact | 2013-03-15 09:09 | Bassfishinng
【今日の出来事・・・『池原へちょい出!何も無かった・・・』】                 2013年3月13日(Wed)

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。

実は昨日(13日/Wed)、仕事のオフ日だった事もあって、久しぶりの池原ダム湖に浮いておりました!
午後からの釣行だったのですが、結果から言うと、またしても『ノーバイト&ノーフィッシュ!』に終わった。

未だ、水深にして2m以浅のシャローレンジ(ショアーライン)を流して見たのですが、勝負出来る状況では無かった。

それよりも、今回の釣行で気付いた点として・・・現在の状況も踏まえて解説します!

まず最初は、湖の表層水温について・・・
先週末の連続初夏日の恩恵が感じられないくらいに、水温は横這い状態か?むしろ、低下傾向にあった。
・・・湖の表層水温の平均値:8.7~9.2℃程度で、
前鬼筋・下流域で8.7℃に対し、最上流部では、9.3℃とBWから流入して来る水温の方が高かった。

その次に湖の水位は増水傾向中!
ただ単に、湖の水位が増水している事に関して言えば、透明度の上昇が挙げられる。
今後の減水(放水)によって、約2週間程以前の今期最低水位に達さないと、岸辺の泥の層が出て来ないので、
濁る原因は無い。現在では、+2.0m程の増水傾向中!

よって、前述している2大要因からか?シャローレンジでの巻き物、ミドストが未だ効かない状態に、
別の手段を考えないと・・・

結局この日は、夕方頃から冷たい雨が降り出して来たので、レインスーツ未着用だった事もあって、
そそくさと退散した。


☆この日の夜には、相当な大雨となり、40ミリ程度の降雨量があった。


視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
d0204114_23385476.jpg
[PR]
# by bottom-contact | 2013-03-14 08:15 | Bassfishinng
【今日の出来事・・・七色バスへのリベンジ!!】 2013年3月11日(Mon)

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。

さて、昨日に開催された大会での結果内容では、散々たる多大な反省から、今日も七色ダム湖に浮いています。
と、言うのも、どうやら、昨日には、西の川のバスが動き出しているらしく、大会当日に『40尾程の群れに遭遇した!』と
言った話が飛び交っていた。
この3日間の夏日の様な気候で、バスが一斉に射して来ているらしい・・・との事だった。が・・・

でも僕は、西の川には行かず、エンド遥々とまた、大又川・最上流部に行って来てしまった。
どうしても、あのバス達をイワせて見たかったのだ!

今回は、昨日に仕出かしてしまっていた多大なミステイク及び、反省点から修復し、アプローチも変えて見たところ・・・
あっけ無く、ドン!釣れてしまった!
d0204114_455554.jpg

気が付けば、『何でやねん!』と、“後悔、先に立たず!”と、思ってしまうくらいに、自分の最も得意なテクニックでもある、
トップウォーターワーミングを試さなかったのだろう!と・・・
ニードルシャッドフラッシュプレート4インチ/フローティングワッキーリグ

これを、ハングのエグレ奥に滑り込ませて、岸と平行巻きして見た結果だった。ジャーキーJのライブベイトリグの応用編。
d0204114_4535059.jpg

『46cm!昨日、1チャンスの際に釣れなかった同じバスです!これで、一応、リベンジ達成!』
この日は、キャストミスも殆ど見られず、パスパスと最奥まで滑り込ませる事が出来ていた!
大会のプレッシャーから開放されれば、意外とこんなもんである。

序でに、ロストしていた、貴重なIS-100&ルアー回収器も回収して、少々、満足でした!


視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
d0204114_23385476.jpg
[PR]
# by bottom-contact | 2013-03-12 20:11 | Bassfishinng
【今日の出来事・・・“奈良チャプター第3戦目”『バークレイ・ピュアフィッシングカップ』大会当日!】 2013年3月10日(Sun)

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。

“奈良チャプター第3戦目”『バークレイ・ピュアフィッシングカップ』大会当日!
抽選フライト順は、44番手と最終組だったが、迷い無く、一路、大又川最上流部を目指した。

昨日に、『タックル全てを、対七色戦、しかも、サイトフィッシング仕様に総入れ替えを行った。』
その際の内訳は次の通り・・・
 ①セクシーアンクル5.5インチ/ノーシンカーワッキーリグ
 ②ニードルシャッドフラッシュプレート4インチ/JH振り子リグ
 ③アベラバ1.6g+アンクルゴビー3インチ
 ④マブリーチ3インチ/ショートリーダー1/32ozダウンショットリグ

 ⑤IS-100/クランキングシャッド
 ⑥IS-200/クランキングシャッド
 ⑦アベラバ2.7g+アンクルゴビー3.5インチ(ベイトフィネス)
 ⑧エリートクロー4インチ/3/16ozダウンショットリグ(ベイトフィネス)
 ⑨ダットカット3インチ/6gライトテキサスリグ

PM12:00迄、大会の殆どの時間を、この狭いスポットに張り付いて、『場所を休ませては、
再アプローチを仕掛ける』事を、何度も何度も繰り返していた。
目に見えたチャンスは、後にも先にも一度切りだったのですが、何気にキャストした、
ベイトフィネスタックルのアベラバに良型がロックオンし追従して来て、ルアーの直ぐ後ろで、
口をパクパクさせていたが、それっきり・・・

それ以外は、カバーの最奥に幾度と無く、滑り込ませたルアーには無反応な状態が続き・・・The END!

今回、ツクヅク思い知らされた事があって、自身のキャストアキュラシーについて・・・だった。
まぁ、キャストの下手な事、下手な事!『自分がこんなにも、キャストが下手やったっけ!?』と
自己嫌悪する程、凹んでしまっていた。
ロストしたルアーやリグは、5ヶ以上!ホントに狭いスポットを自爆で潰してしまっていた。

普段、池原で何も考えずにキャストしてしまっていた事・・・・ロッドを全て、新調して間も無い事もあったが、
日頃の練習不足を思い知らされた事を深々く反省させられるハメに!

ただ今回は、クオリティーフィッシュ×1尾を追い求めて、選んだ選択肢に悔いは無かったし、
やり切った充実感はあったので、帰着の際には、ボウズ焦りも無かった。
d0204114_19233335.jpg

大会に参加された出場選手の皆さんへ・・・大変、お疲れさまでした!


視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
d0204114_23385476.jpg
[PR]
# by bottom-contact | 2013-03-11 19:19 | Bassfishinng