ブログトップ

田舎への憧れ、そして池原ダムに魅了されて・・・

botocon.exblog.jp

“人里離れた田舎でのひとり暮らし・・・”

<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

皆さん、こんにちは!『毎日、寒いが続きますね!』
この週末は大阪府堺市にある“イオンモール堺北花田プラウ”と言う所に出張中でした!
この2日間は大阪でも非常に寒く、冷たくて強い風が吹き荒れていましたが、
岐路道中の大台ケ原付近通過時では、『-7℃』を表示しており初めての体験でしたが、
積雪&凍結の心配は無かった・・・。
d0204114_17554469.jpg
さて、先週の池原釣行リベンジ時の報告ですが、
27日(Thu)は朝から雪がチラついており、ご覧の風景
だった。

昨日の反省から今日の主たる目的は、
『とにかく、1尾のバスを釣る事に集中しよう!』と、
オープンエリアで日向が多く存在し、湖の表層水温も
安定している筈の“ダムサイド周辺・下流域のみ”
行い、“ディープレンジを中心”に、ライトリグ系も
多く用意していた。

今日も、午前中のみの半日釣行プランを立てていた
のですが、結果から申しますと・・・


d0204114_17595854.jpgd0204114_1811329.jpg




























30cm台の小バスGetん!d0204114_184944.jpg













50cm級のレインボートラウトGetん!
そして、最後には・・・
d0204114_1861093.jpgd0204114_1871196.jpgd0204114_18104951.jpg








45cm級のグットサイズをキャッチする事が出来た!全て、ワンド状の凹み部の最奥。d0204114_1814866.jpg

小バスは水深約5mボトム付近だったが、それ以外は、水深約1.0~1.5m以浅の超シャローだった。

当然の事、色んなアイテムも使用し、ディープレンジも行なって見たが、結局、釣れたリグは、ハドルフライ
3.5㌅
(リアル/アユカラー)1/16ozのミドストのみ
だった。
d0204114_18192192.jpg







現在の水質では、池原らしく無く透明度が低い為、スピナーベイトや
ディープクランクで釣りたいので、その使用頻度は高いのですが、
何故か?アピール力の弱い微波動系ミドストのみに反応があった。

この際、使用しているロッドは、変則テーパー早掛け用に試作された
チューブラーのプロトtypeロッド。エンドバランサーは装着しておらず、ロッドを水平に寝かして使用する仕様に仕立てている。

是非とも次回は、風の無い、太陽が燦々と照っているポカポカ陽気の
日に釣りがしたいものですな!

          1/24現在の池原ダム湖の状況(トボトスロープ調べ)                                 
                                                水位:-24.5m減 湖の表層水温:7.2℃

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

★Blog初心者の新参者ですが、気に入った方がいらっしゃったら、
 バナーを“クリクリクリック!”してたもれ!(下北山の方言です!)

[PR]
by bottom-contact | 2011-01-31 18:22 | Bassfishinng
21日(Fri)の池原釣行以降・・・

この週末の土・日は、奈良市内へ出稼ぎ出張しており、“ならファミリー”で過していました!

先週のBlog内容で、『原稿を書き終えたら、また、湖上に出陣して来ます。』と、その後・・・

{そして夕方、気になっていた、谷本ワンド&備後筋へと向かうが、その後もバイト無し・・・の状態が続いた。

備後筋では、非常に冷たい北西風が吹き続いており、とても体感気温も低く、水温も7.0~7.4℃と少々低めだった。
ただ、極度の大減水により、“立ち木だらけ!”『如何にも釣れそうな風景!』に、池原ダムらしい光景と
なっているのもこの時期ならでは!の様子。
既に、記憶の中から忘れ掛けてしまっている、水中のストラクチャー(大岩や、オダなど)が目視出来るので、
来季からの釣行に是非、役立てたい!と考えている。}


の感想を抱いたまま、26日(Wed)に再出陣して来たのですが・・・
d0204114_85873.jpg池原ダムらしい光景『如何にも釣れそうな風景!』
今回は撮影して来ました!

この日は朝から“トボトスロープ”に居たものの、
スタッフT氏と話し込んでしまい、
出船出来たのがPM12:00過ぎ・・・
既に、北西風がビュービューと吹き荒んでいた。

全く、風裏になる死角は無く、唯一の各ワンド奥も
残されておらず、先週同様に防寒着を着用していても、
全く、歯が立たない寒さだった。

今回も意を決して“備後筋”に向かうが、他エリアと
比べ明らかに体感気温は低く、冷暗状態で激サブ!!
日が射さない事と吹き降ろしがある為だと思われる。

ベイトタックルを投げ続けていると、サミング時にスプールを親指で押さえている為、右手グローブの親指だけが
濡れたままの状態となってしまい、右手は凍傷になってしまうかも?思うくらい冷たく悴んでしまい、
集中力も次第に薄れて戦意喪失!・・・
リベンジの筈だった“備後筋”も攻略出来ないまま、PM4:00には帰着した。

このままでは原稿が書き下ろせない為、明朝、再チャレンジして来ます。
明日のプランは、“ダムサイド周辺下流域のみ”で行い、“ディープレンジを中心”に、
とにかく、1尾のバスを釣る事に集中しよう!と考えています。ではまた!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

★Blog初心者の新参者ですが、気に入った方がいらっしゃったら、
 バナーを“クリクリクリック!”してたもれ!(下北山の方言です!)

[PR]
by bottom-contact | 2011-01-28 08:24 | Bassfishinng
2011/1/21(Fri)d0204114_11563384.jpg

一年を通して最も寒い時期とされる“大寒”を迎えた
割には、然程、寒さを感じない今日。

ここ池原(下北山村)での冬の寒さにも、漸く、身体も
慣れて来たのか?
もしくは、奇怪しくなってしまっているのか?

先週末には積雪があり、あまりにも寒過ぎだった
せい?もあるかも!
そんな今朝の外気温は、相も変らず-3℃だった。




現在、池原ダム湖(トボトスロープ)でのマイボート昇降状況についてですが、極度の大減水により、
自車ではランチングする事が出来ない為、タイヤショベル(重機)を借りて降ろしている。

1/15現在の池原ダム湖の状況(トボトスロープ調べ) 水位: -23.9m
運悪く、スロープの休みに重なれば、ボートを降ろす事が出来ない!のである。19日(Wed)がそうだった!
その様な状況から、湖上へと浮けたタイミングは今日。

原稿のデッドラインがあるので、AM9:00~11:00までの2時間のみ釣りをして来たのですが、
湖の表層水温は、順当に低下傾向にあり、7.7℃だった。

極度の大減水によって水質は、悪化傾向では無いが濁り始めており、透明度1.0mほど。
この濁りを利用してシャローを意識し、ディープクランク(IK-500RⅡ)&スピナーベイト(ジンクス3/4oz)を
投げ続けていましたが、バイトすら無く&時間も無いので、
ダットカット/テキサスリグ→ミドスト→振り子リグ→サスペンドシャッドをローテーションさせて行った。

まずは近場からと、スロープ付近から流し始めたものの、なかなか、バイトにも恵まれず、
トボト谷ワンド・ベイマウス付近の日陰側から日向側に差し掛かった所での“ミドスト”使用時、
手の大きさのマス系の魚が戯れて浮上して来た!『レインボーの子供だ!』と判断し、
『既に繁殖していたのか?』と思っていた。

d0204114_1242280.jpg



ワンド最奥のシャローに、“ジレンマ・スーパー
スティープ”
をキャストし、ドラッキング気味に
ジャークさせていると、マス系がヒット!して来た。


『またまた、放流レインボーか?』と思っていると、
それは、希少価値が高く、食しても美味な、
サツキマスだった!!
d0204114_1293663.jpg












サツキマス・・・(皐月鱒)は、アマゴの降湖型。
この辺りでは、“銀毛化”や、“のぼり”などと
呼ばれている。
d0204114_12153877.jpg




その数分後、今度は先程、戯れて来ていたマス系の
サイズがヒット!
よく見ると、レインボーの子供では無く、アマゴだった!

バスは釣れなかったが、サツキは嬉しかった!

この原稿を書き終えたら、また、湖上に出陣して
来ます。






そして夕方、気になっていた、谷本ワンド&備後筋へと向かうが、その後もバイト無し・・・の状態が続いた。
備後筋では、非常に冷たい北西風が吹き続いており、とても体感気温も低く、水温も7.0~7.4℃と少々低めだった。

ただ、極度の大減水により、 “立ち木だらけ!” 『如何にも釣れそうな風景!』に、池原ダムらしい光景と
なっているのもこの時期ならではの様子。

既に記憶の中から忘れ掛けてしまっている、水中のストラクチャー(大岩や、オダなど)が目視出来るので、
来季からの釣行に是非、役立てたい!と考えている。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

★Blog初心者の新参者ですが、気に入った方がいらっしゃったら、
 バナーを“クリクリクリック!”してたもれ!(下北山の方言です!)

[PR]
by bottom-contact | 2011-01-25 12:26 | Bassfishinng
2011/01/11(Thu)d0204114_7533617.jpg

ここ最近、自宅内では、ビールや野菜は冷蔵庫を
使用せず、ほらくった(放ったらかしの)状態でも、
極冷えになっている。
ですが、昨日&今日の寒さは少し、和らいでいる。



池原ダムのレンタルボート店 “CLUB IKEHARA”
さんからの委託を受け、新艇FRPバスボート
(ブレイブコックス)×2台の施工に勤しんでいたが、
昨日になって漸く完成し、日の目を見る事となった。
(実働8日間)
d0204114_7565310.jpg

フロントデッキは、11.5cm高のハイデッキを組み、
こちらの地域特有のゲリラ豪雨対策に、圧縮発泡
スチロールを各部に敷き詰めて、完全浮沈構造に
仕上げている。


主な装備は、60cmUP×2匹がスッポリと入って
しまう程の大型ライブウェルを筆頭に、
フロント&リアデッキに大容量のストレージを完備し、
オートビルジ(ポンプ)も設置し、
ハイグレードのブラック・マリンカーペット仕様と
なっている。
d0204114_801410.jpg
来春以降、池原で走行しているシーンを目の辺りにするのが待ち遠しい今日この頃です。

1月15日今日現在の池原ダム湖の状況 (トボトスロープ調べ)
 水位(フル満水からの減水度合い): -23,9m減水
 湖の表層水温(ダムサイド周辺、朝): 8.1℃  
 透明度(ダムサイド周辺、朝): 3.0m

今日は、9日ぶりの池原釣行に出陣して来ます!また、状況報告しますね!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

★Blog初心者の新参者ですが、気に入った方がいらっしゃったら、
 バナーを“クリクリクリック!”してたもれ!(下北山の方言です!)

[PR]
by bottom-contact | 2011-01-19 08:07 | SlowLife
2011/01/16(Sun)
d0204114_1812307.jpg
今日の下北山村・池原地区はご覧の通りの銀世界・・・
朝から積雪が見られ、この冬現在で一番の寒さと言えるでしょう!
年末大晦日でも、池原に雪は降っていなかったほど・・・

僕は、11~15日までの毎日、ボート作製のお仕事をしていましたが、
今日は偶々、お休みにした事が、結果、それが正解だった!

結局、屋外での作業も洗濯も、車で買い物へも行けないので外出を諦め、
何処へも行かず殆ど何もせず、コタツの中に入りっ放しのヤドカリ状態!
家の中に居ても、吐く息は白く、室内の気温は“3℃”と極寒。
d0204114_18132124.jpg

今から漸く、重い腰を上げ、清掃と片付けをしよう!と思っているが気が着けば、
既に、PM6:00を回っている。

さあ、一丁、頑張るとするか・・・

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

★Blog初心者の新参者ですが、気に入った方がいらっしゃったら、
 バナーを“クリクリクリック!”してたもれ!(下北山の方言です!)

[PR]
by bottom-contact | 2011-01-16 18:15 | SlowLife
この2日間は・・・                                                    2011/01/12(Wed)
d0204114_5263786.jpg
毎日、早朝の冷え込みは厳しく、氷点下の外気温が続き、露出している顔や手は、何時もビリビリと痺れています。
           
さて、ホームレイクでの不甲斐ない大会結果に意気消沈しながらも、この2日間は、池原ダムのレンタルボート店
“CLUB IKEHARA”さんからの委託を受け、新艇FRPバスボートの施工に勤しんでいる。d0204114_5294075.jpg

このFRPボートには懐かしい縁(ゆかり)があり、
新艇発表会を毎年行なわれる“大阪フィッシング
ショー”
で公開(初披露)し、その設営ブースにて
製品PRをするスタッフとして働いていた記憶がある。

『もう、何年前の事だったろう?』

あと、1.5日有れば完成の時を迎えられる事になる。

毎日、寒空の屋外作業になりますが、つい、時間を
忘れて没頭している今日この頃です!
d0204114_532754.jpg



1月12日現在の池原ダムの状況

水位(減水度合い): -23,4 m減
湖の表層水温: 8.2℃
透明度: 3.0m

単発ながらも、『テキサスリグで良型が釣れている!』
との事でした。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

★Blog初心者の新参者ですが、気に入った方がいらっしゃったら、
 バナーを“クリクリクリック!”してたもれ!(下北山の方言です!)

[PR]
by bottom-contact | 2011-01-13 05:11 | SlowLife
               NBC奈良チャプター第1戦目・池原ダム“ホワイトリバーCUP”開催      2011/01/09(Sun)
d0204114_7151247.jpgさて、大会当日を迎えた。
2日間のプラ釣行の感触では、全く手応えを掴めず
仕舞いのまま大会当日を迎えるハメとなった訳ですが
何とかしてでも、ポイント獲得に繋げたい!との思い&意気込みで臨んだ、今大会には、約50名の参加人数で
開幕を遂げた。

ディープのピンスポットを持ち合わせていない、
『出るとこ一発勝負!』しかない僕にとっては不安の
募るスタートとなったが、フライト順も、先行青グループの29番フライトだった。

まずは朝一、大会会場から近場の小規模ワンドに
バッティング無く入る事が出来るも、何をやっていてもバイトは無く、気が着けば、時計の針はAM10:00を回っていた。
今日の大会開催時間は非常に短かった事を忘れてしまっていた。この頃、既に、冷た~い北西風が吹き出していた。

それどころか、太陽が顔を出していないではないか!えっ!今日は曇り・・・
今朝、早朝の天気予報では晴れマークだったのに!愕然とし、更に不安が過ぎる。

僕が唯一、“思い描いている釣り”には、絶対条件として、まずは太陽の日が射して、ワンドの浅い側の水温を
上昇させてくれない事には何も始まらないのに!

そこから転々と動き回り、白川&前鬼筋のインターセクション付近、前鬼筋下流~中流付近、
坂本本流筋・下流域ワンド×2箇所、谷本ワンド、トボト谷ワンド・・・と、ラン&ガンして行くも、
白川&前鬼筋のインターセクション付近でのみDSリグに1バイトあったが乗せれず、時間が刻々と迫って来た!

時計の針はPM1:15に差し掛かり、帰着はPM1:30。焦りと緊張感がMAXの状態だった!
3シーズンを通してのノーフィッシュ・ウエィイン(5点ボーズ)が頭を過ぎった。
最後の帰り際、白川筋・下流域の小規模ワンド際奥に入り、残り数投しか残されていない!

朝、白川筋を下って来る際、 『2番目には、ここに入ろう!』と決めていたのですが、
そのピンスポットには、TOP50の山岡計文プロが陣取っていたので、手を出す事が出来なかった。

腕時計をチラチラ確認しながらも、次から次へと目の前を帰着のボートが上流へと向いて走って行く・・・
PM1:20の最後の一投、狙っている立ち木のドンピシャで入った。

フォールさせながら“ボトスト”を繰り返していると、ラインが沖へ向って走り出していたので、『待望のバイトや!』と、
ロッドを煽りフィッキングが決まる。 『デカイ!』が、1分で取り込まなければ帰着が間に合わない!

焦りに焦ってしまい、殆ど覚えていないが、バスの口にリグが着いたまま、ライブウェルに放り込み
スロットル全開で大会会場に向った。

何とか、帰着に間に合い、横を向いていたバスも持ち直し、ウエィインとなった。

思いの他、皆さん釣れていた様子で、ポイント圏外(20位以下)が頭を過ぎったが、1.370g19位
何もかもギリギリ滑り込みセーフ!首の皮一枚繋がった気分だった。
d0204114_7165330.jpg
IMAKATSU ニードルシャッド3.5㌅リアルカラー
/“振り子リグ” (のボトスト)
使用ジグヘッドのウエイトは1/16oz (ガード付き)。
使用ライン;フロロ3lb(VARIVAS GANOA ABSOLUTE)


次回は、2月20日に七色ダム湖にて第2戦が開催
されるのですが、今度は安全パイを取って、
ディープの釣法練習に励みます。


今回の反省点として・・・
読みが大幅に外れていた事!が最大の原因だった。


前々日プラの段階で、2日後には潰れてしまうであろう、“ホワイトリバー”よりも上流域のインベンドに位置する『野平岬』は未だ生きており、5.0℃の雪解け低水温帯が15mディープへ流れ込んだ事によって、サーモクラインが発生し、
更にバスのレンジを10m付近に引き上げていた事。

当然の事、それよりも下流側は生きており、『野平岬』から下流側のストレートストレッチ“ホワイトリバーよりも上流側”
に位置する、無名ロングノーズ岬が今回の優勝パターンエリアになっていたのですが、それ以外にも、TOP5の内、
4名の選手が大会会場付近となる同エリアでの釣りをしていた様子で、最も、移動距離も少なく効率の良い釣り展開を
していた。
d0204114_730415.jpg
順位 氏名 ウエイト 匹数

優勝  井上慎二郎選手 3.530g (3)

準優勝 森口高幸プロ     3.415g (3)

3位   平井直弘プロ     3.140g (3)

4位   小畑宏樹選手    2.720g (3)

5位    田中正典選手    2.125g (3)




残念無念!惨敗です!そして、僕よりも上位の各選手達には脱帽です!
考えを改め直して、次からのプラ釣行に反映したい!と思っています。

参加されていた選手の皆さん、運営側のスタッフの皆さん、大変、寒い中、お疲れ様でした!


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

★Blog初心者の新参者ですが、気に入った方がいらっしゃったら、
 バナーを“クリクリクリック!”してたもれ!(下北山の方言です!)

[PR]
by bottom-contact | 2011-01-11 07:38 | Bassfishinng
今日も相変わらず、『キーン!』と朝の冷え込みは厳しく、外気温は何気に-5℃だった!

今日の“大会前日プラ釣行”の目的は、昨日の釣り難し~い状況から判断して、消去法を選択。
やってはいけない事や良くないエリアを広域に渡ってチェックし捨てて行き、エリアを絞り込んで行く!
と言った方法を選んだ。

坂本筋をメインに最上流域のチェックに向かったが、湖の表層水温は8.0℃
道中、水質はかなり悪く濁りが散漫しており、ターン時の気泡が飽和している状態だった事からも
バッサリと消去する事にした。

それから、下流域へと下り、あちらこちらを回って見るも、バスからの反応は皆無の状態だった。
結局、白川筋・下流域の小規模ワンド際奥にて、そこに溜まるベイトフィッシュ群の下に送り込んだ、
ニードルシャッド4㌅リアルカラー /“振り子リグ”(のボトスト)にて800gをキャッチし終了となった。
d0204114_10105547.jpgd0204114_10113063.jpg
今日は日中に太陽が顔を出していたので、少しの間はポカポカ陽気に包まれて、場所によっては、10℃
上回るエリアも存在したが、直接釣果に結び付く事は無かった。

この2日間を通してプラを試みた訳ですが、
“僕が思い描いている釣り”では、シャローもディープ
でも、結局、何処からも好印象を得る事が出来ず
仕舞いのまま、『コレ!』と言ったパターンも掴めず、
それどころか、明日の朝一に入るエリアも決めれず、
プラ釣行を終了するPM4:00を迎えた。




明日は、日が上がって来てからの
“後半、一発シャロー勝負に賭けよう!”と思い
ながらも、迷走状態のまま、本番当日を迎えるハメと
なってしまった!



尚、“振り子リグ”(のボトスト)に使用しているジグヘッド
のウエイトは1/16oz (ガード付き)。
使用ライン;フロロ3lb(VARIVAS GANOA ABSOLUTE)


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

★Blog初心者の新参者ですが、気に入った方がいらっしゃったら、
 バナーを“クリクリクリック!”してたもれ!(下北山の方言です!)

[PR]
by bottom-contact | 2011-01-10 10:03 | Bassfishinng
今日の池原プラ釣行(大会前々日!)

今日もキーン!と朝の冷え込みは厳しかった!ここ最近では、車の霜取りは毎朝の日課となっている。

AM9:00頃に現地入りし、準備やらタックルチェックやらルアーセレクト&リギングやら、そしてお喋りやら・・・
実釣開始の10時頃には既に風が舞っている状態だった。

今回、大会会場となっている白川筋・中流域に位置する“ホワイトリバー”を拠点として
リミットメイク(3尾)可能なポイント探しに向かうが、既に白波が立ち込めており、
ディープレンジでの釣り&ライトリグの使用が非常に困難な状態だった。

僕が今回意識しているポイントセレクトの条件としては、シャローを意識した前提の次の通り・・・

まずは、早い時間帯から“ひなた”となる日照時間が長いサニーサイド側に位置し、、
北西風の影響を多少でも受け難く、小規模でも良いのでワンド形状になっている所、
そして、赤土のあるショアーライン。こちらは、風が吹き出すと岸が土濁り(白濁り)し易く煙幕効果が期待出来る所。

と言った条件を満たす所には、浮遊しているベイトフィッシュ群が溜まり易く、
格好のフィーディングスポットとなり易い。等の条件の揃うエリアを探していた。
d0204114_9141181.jpg
気になっていた“ホワイトリバー”よりも上流域は、
冬の定番スポットとされる“野平岬”通称;住居跡
(段々畑)は、辛うじてまだ釣りが可能な状態だったが、
その少し上流側に位置する“戸賀岬”(同じく住居跡)
辺りでは透明度がほぼ0m状態の白濁化した水質と
なっており、僕が最も恐れていた雪解水が大量に
入って来ていた事で、湖の表層水温は何と5.0℃だった。d0204114_917732.jpg



『←こちらは、“戸賀岬”よりも上流側のストレッチを
撮影。』

このエリアを得意としていた僕に取っては、
年末の大雪は予定外の大誤算となってしまった。
残り2日間有れば、この低水温域は間違い無く、
“野平岬”を覆い尽くしてしまうであろう想定から
このエリアを開拓する事を諦め、大幅に移動を
決意した。d0204114_9194674.jpg

少しでも風の影響から逃れる為、次に前鬼筋へと
向かって見たが、こちらも風の影響が既に出ており、
ライトリグの使用が困難な状態だった。
結局、ここでは中流域の川幅が狭まる岩盤帯縦ストにおいて、ダットカット4㌅/テキサスリグで2バイト得る事が出来たが、躊躇してフッキングのタイミングをズラして(送り込むと)放されてしまい、2度目のチャンスは乗り
損ねて外れてしまった。少々、食いが浅かった様だ!

ほぼ、前鬼筋・全域をチェックして見たが、水質の良さはピカ一!だと判断し、その上流域では、水質透明度は悪いものの水温も安定しており、ベイトフィッシュが
豊富に溜まっていたので、天候次第ではBW部も視野に入れてプランを組んだ。







『←こちらは、“戸賀岬”を下流側へ向けて撮影。』
d0204114_9295084.jpg

結局この日は、白川筋・中流域のポケット状になる
小規模ワンド内で、 “スーパーキラービルミノー”
(IMAKATSU)アワビ貼りチューン
のレベルストローク
にて750gを1尾キャッチしたのみの釣果に終わって
しまった。
キャッチした水深は3m以浅の1.5m位のレンジにて!

(今日の湖の表層水温は、平均9.5℃だった。)

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

★Blog初心者の新参者ですが、気に入った方がいらっしゃったら、
 バナーを“クリクリクリック!”してたもれ!(下北山の方言です!)

[PR]
by bottom-contact | 2011-01-10 09:33 | Bassfishinng
年末大晦日の大雪から池原を離れ、5日の夜に漸く戻って参りました!

初釣り&プラ釣行を6日に予定していたのですが、スロープの休みと重なってしまい、釣行は明日からとなってしまった。
尚、9日(Sun)には“NBC奈良チャプター第1戦目”が池原ダムにて開催されるので、7&8日をプラ釣行に宛がっている。

ここんところ、真冬並みの冷え込みが続いており、“寒の入り”の寒さは否めないのだが、
8日(Sat)奈良県中部の週間天気予報の最低気温は、何と!-6℃を表示していた。
-6℃ってどんな体感気温なんやろ~か?』
d0204114_646947.jpg










では、現在の池原ダムの状況は次の通り・・・

1/5現在の池原ダム湖の状況(トボトスロープ調べ)
水位:-23m減、表層水温:9.8℃、透明度:3.0m

d0204114_649975.jpg
d0204114_6513361.jpg
d0204114_654554.jpg
d0204114_656586.jpg
















本日は、夕方にボートを降ろしに行った際、
桟橋付近でホイチョイ陸っぱりを行なった訳ですが、
12/31にリリースされたばかりの、今江さんの最新DVD
“黒帯XIリアルファイト”に掲載されていた、
“振り子リグ”を使用し、初バスをGet!
する事に成功した。
使用リグ:ニードルシャッド・リアルカラー4㌅
+1/16ozジグヘッドリグ





年始早々からチャプターのプラに入っていた他選手達の釣果情報の報告では、『既に、水深15mディープで釣れ出している。』との事でしたが、僕が釣った水深は、5mのボトム付近だった。




明日からのプラでは、このリグを駆使し、別のレンジ
&別の使用方法にて探って見たい!と思っているが、
各川筋の上流域から入って来ているであろう、
雪解け水による水温低下の悪影響が、
どの程度なのか?が心配です!
また、報告しますね!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

★Blog初心者の新参者ですが、気に入った方がいらっしゃったら、
 バナーを“クリクリクリック!”してたもれ!(下北山の方言です!)

[PR]
by bottom-contact | 2011-01-07 07:11 | Bassfishinng