ブログトップ

田舎への憧れ、そして池原ダムに魅了されて・・・

botocon.exblog.jp

“人里離れた田舎でのひとり暮らし・・・”

カテゴリ:Bassfishinng( 116 )

【今日の出来事・・・『ロクマルに遭遇!!』】                2013年3月8日(Fri)

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。

今日からの3日間は、異常気象の様な、日中 ナンと!20℃越え!が続く予報となっていた。
そんな事もあって、期待に胸を弾ませながら、早朝から池原に来ています。
ですが、ちょっと、色々とあって・・・実際、釣行に至ったのは、AM10時過ぎとなった。

トボトスロープ桟橋からは、そう遠くない、ダムサイド周辺&下流域エリアでの陽だまりになりそうな
スポットを転々と縦横無尽に走り回って見たのですが、未だ、バスがさして来ている感は、感じ取れず・・・

それどころか、3/1(Fri)に降った比較的、まとまった降雨量の影響で水位は、約2.0m程上昇していた。
増水した事によって、湖の水質がクリア化しており、水深にして2~3m程は丸見えの透明度だった。

結局、この日はシャローのみを意識して走り回って見たのだったが、結果を出す事は出来ず仕舞い・・・
白川筋・下流域の途ある陽だまりの良いワンドを流している最、推定ロクマルに遭遇した!

結構な時間を割いて、サイトフィッシングに挑んで見たのですが、2度のアプローチ・ミスを仕出かし、
風も吹いて来た事で見失ってしまった。
それにしても、完全にシャローを意識していたバスで、岸ベタに結構な時間、張り付いていた。

ただ、この日、見えバスに遭遇したのは、このバスのみ!
更に、風が強まって来た事もあって、七色ダム湖へ移動する事にした。

この週末に開催される、奈良チャプター第3戦目からの飛び入り参戦を決行!
本来なら、池原ダム湖では無く、七色ダム湖に浮いているべきなのですが・・・

さて、七色ダム湖へのランチングを済ませ、既に夕刻が差し迫って来ていた事もあって、
西の川のみのチェックに入ったところ・・・

下流域で6尾程の固まっている小型サスペンド見えバスには遭遇したが、その他は、全くのプアー!
ほぼ、下流域までの透明度は非常に高く、水深5mボトム底が丸見えの状態だった。
冷たい水が湖底付近を勢い良く流れているのが、理由なのか?こんな状態の西の川は稀である。

出来れば、大会会場のTs-ON周辺のエリアで絞り込んで、まとめて見たかったのですが、
この状態を目の辺りにして見て、『西の川は、無いな!』と容易に判断してしまった。

明日は、公式前日プラ!
これで、別のエリアを見に行かなくてはいけなくなってしまったので、燃料を焚いて(ガソリンを撒き散らして)、
走り回らなければ・・・
湖の表層水温が最も上昇しているであろう、ダムサイド周辺。(距離的に、最も遠いエリア)
最上流域での河川工事で、白濁色に濁っている大又川・最上流域。(こちらも同じく、最も遠いエリア)

明日へと、続く・・・


視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
d0204114_23385476.jpg
[PR]
by bottom-contact | 2013-03-09 17:57 | Bassfishinng
皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。

せっかく、書下ろした原稿を別の内容で“上書き保存”してしまいました!・・・もう一度、一から打ち直しです!トホホ・・・

さて、今年発足の“池原チャプター開幕戦”が2月24日(Sun)に開催されました。

僕にとっては、昨年お休みしていたので、1シーズンぶりのチャプター参戦&池原ダム湖・オンリーで4戦開催!
『自分の腕が、思う存分に試せる!!』と言う、この上無い喜び&充実感が込み上げて来ます。

それはさておき、当日の朝は既に、どの角度からも爆風がビュービューと吹き荒んでいた。
会場となるY企画桟橋での湖の表層水温は、AM8:00の時点で6.4℃と、かなり低めだった。

この日、僕の考えたプランは、次の通り・・・
69HMロッド+左ハンドルのリールには、16lbフロロライン×2タックルにて、
1/2oz(約18g)・フラッピンソニック&メタルワサビー18g。この2軸のみがメインタックルだった。
これで、バーチカルのみならず、バンク打ちも行い、8→10→12mのレンジをメインに意識していた。

その他には、ベイトタックルセレクトとして・・・
70Hロッドに18lbフロロラインにて、ゴブリンヘッド(フットボールジグ)5/8oz(約18g)+ジャバロンリアル140
71MHロッドに18lbフロロラインにて、ダットカット4インチ・18gテキサスリグ

スピニングタックルセレクトとして・・・
69Mロッドに、PEラインにて、7gヘビーダウンショットリグ。ラバーショット+エリートクロー3.5インチ使用。

その他の保険に・・・と、以下の通りのライトリグ用スピニングタックルをセレクトしていた。

・スーパーキラービルミノー
・1/16ozジグヘッドリグの振り子リグ(ニードルシャッド4インチ使用)
・3/16oz(約5g)ショートリーダー・ダウンショットリグ(アンクルゴビー4インチ使用)

以上のタックルセレクトにて、ダムサイド周辺・下流域を、爆風&吹雪と戦いながらも駆けずり回っていたのですが、
1尾のバスをキャッチする事も出来ないまま、午後1時を向かえてしまっていた。

一応の報告ですが、違和感を感じた重みの『んんんっ???』が3回程ありましたが、
木の枝なのかも?他の魚なのかも判りませんでした!
何せこの日は、根掛りをしまくって、ロストも非常に多かったのですが、回収もかなり、よくしたので、
フックポイントが鈍っていた筈です。
d0204114_19325538.jpg

さてさて、皆さんが気になるチャプターの結果ですが・・・参加者数は、ゆうに35名以上だったと思われるのですが、
1尾のみが、1人のみ!と言う、悲惨な結果に・・・

優勝された方は、白川筋・中流域にあるホワイトリバーより上流/左側に位置する小ワンド最奥のインレットに絡む、
ショアーライン約1.5mを、“IS-200(カラー:ハスッコ)”にて、約480gをキャッチされたそうな・・・
優勝者のお立ち台での勝利者インタビューのコメントでは、『IS-200が釣れてる見たい!な情報が出ていたので・・・』と

この日に限って・・・僕は、この日、夜中のAM2:00に起床しており、タックルセレクトを行っていたのですが、
何故か?“IS-200”を結んでいた、71Mロッドに12lbフロロラインを、『今日は、さすがに無いだろう!・・・』
外して来てしまっていた。

最後に、今回の感想として・・・
前日プラを終えての僕の頭の中には、『リアクションバイトの誘発!』しか思い浮かばなかった。残念・・・

次戦は、3/31。この日のジレンマをブツけるつもりです!それでは、また!


#IMAGE|d0204114_1033233.jpg|201105/12/14/|right|160|107#]
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bottom-contact | 2013-03-01 17:53 | Bassfishinng
                              2013年2月8日(Fri)

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。

実は、この原稿、2月8日(Fri)の時点に、現在の状況を踏まえて、既に書き溜めていた次回作の原稿だったのですが、
『良いのか?悪いのか?』 2/24(Sun)開催にされた“池原チャプター開幕戦”が既に終了致しました!
結果は、次回作で報告するとして、僕が、その時に思い描いていた事などを踏まえて、報告させて頂きます。


『2013年2月8日(Fri)現在にて、今の池原ダム湖に求める条件として・・・』
さて、今シーズンの開幕(1月~)からコツコツと湖上へと出向き、日々、釣れないバスを追い求め・・・
まるで、厳寒期修行の様な釣行を続けておりますが・・・

決して、まだ、当てた訳でも無いので、偉そうにも語る身分でも無いのですが、
この時期は、余りにも池原ダム湖から出ている情報発信が皆無に乏しいので・・・

段々と判って来た事を踏まえて、述べて見たいと思います。

『厳寒期、この真冬の時期に僕が池原ダム湖に求める数々の条件として・・・』

・北側に位置するワンドの最奥部 (理由:北西風の影響を受け難い)
・南風が当たる面 (理由:暖かいポカポカ陽気の日に吹く強めの風)
・赤土&スタンプエリア (理由:風が当たっている際、白濁りの発生源となる)
・日照時間の長いエリアもしくは、スポット。 (理由:湖の表層水温の上昇源)


この様な、条件を満たす所には、ベイトフィッシュ群が必ず溜まって浮遊している。が・・・
今はまだ、このベイトフィッシュ群達は、のんびり&悠々と泳いでおり、決して怯(おび)えていない!
と言うか、バスの姿はリンクしてはいない!

そして、更に追求して行くと・・・

各筋の最上流部は、山並みも背が高い為、日が当たる時間帯は非常に短い。
その為、日蔭になるスピードが早く、備後筋でもPM1:45には既に蔭ってしまう。
このエリアでの水温上昇の要因は、温かい雨が降った後の流入か?
谷から流れ込んでいる、地層のフィルターを通って湖底から湧き出す伏流水のみ。

ただ、この時期の白川筋&前鬼筋は、標高の高い山間部の頂きを見て判断して欲しい。
例え、比較的暖かい雨が降り続いたとしても、バックウォーター部から流入して来る水は、
雪シロである雪解け水の可能性が高く、白川筋では1キロ以上離れたエリアでも
3℃だった事もあった程だった。

そして、この流入して来る水の性分には、魚を始め生物が最も嫌う、
塩化カルシウム(道路の凍結防止剤)を含んでいる事もある為、
琵琶湖南湖東岸の農薬散布時期と同じ事が起こり得る。

実は、目に見えない、釣れなくなる悪い条件が潜んでいるのである。
僕のボートには、ペーハー値を測る器材は搭載してはいないが、魚探の水温計は搭載しているので、
これだけでも、十分な判断基準となる条件選びが出来る事と思われる。

そして、結果を出すには・・・
山間部の頂きに雪シロが残っていない条件で、温かい雨が大量に降り注いた後、
各川筋・最上流部の水温が10℃を超え、白濁した濁り水となったタイミングで
BW部の瞬発ラッシュ!が始まる筈である。
ただ、この瞬発ラッシュ!は、一日も愚か、半日で澄んで来てしまうので、
そうなると、バスもその場から下って&落ちてしまうので要注意!

このタイミングを計りつつ、日々の週間天気予報と睨めっこの日々を送っている。

それでは、何かの参考にして頂ければ幸いです。


視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bottom-contact | 2013-02-25 20:51 | Bassfishinng
さて、2月24日(Sun)池原チャプター第1戦目“EVERGREEN CUP”開催日当日の早朝です!
d0204114_3411777.jpg

『遠くの山並みは、雪が乗っかっております!』(撮影は、前日プラの23日(Sta))
思っていたよりかは、朝の冷え込みは厳しくなく(予報:1℃)緩和されていますが、
先程から時折、爆風が吹き荒んでおります・・・
これで、ライトリグ系タックルの搭載を断念しました!本日の予想最高気温:5℃

昨日も前プラに入ったのは入ったのですが、1尾どころか、1バイトも得る事は出来無かった・・・
搭載したタックルは、全部でベイトタックル 3本と、物凄くシンプル。
その内訳ですが、メタルバイブ&メタルジグ用 69MH×2、フットボールラバジ用 69H×1のみ搭載。

結局、何の手応えも無いまま、前プラを終わってしまっているので、今日の攻略法予想&予定プランは皆無!
昨日、前プラには行っていた他の選手達は、バスをキャッチ!しているのだろうか?
同桟橋で出会ったライトリグの名手である参加選手は、同じくノーバイト!との事だった。
何れにしても、苦戦を強いられる事は間違い無い筈!

『交通事故?宝くじ?』何でも良いので、『1か?0か?』の釣り展開にて、奇跡が起きる事を願って出陣して来ます!
結果&釣果は、後日にまた、報告させて頂きますね!それでは・・・

視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bottom-contact | 2013-02-24 03:42 | Bassfishinng
                              2013年2月15日(Fri)

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。

今朝は夜半からシトシト雨が降り続いており、その為か?朝の気温は3℃
日中の予想最高気温も、7℃ と余り上がらなさそうです・・・

さて、昨日は、防寒着の上着を着用していなかった程の高気圧に覆われ
好天候に恵まれていた一日だった様に思う。

ところが、湖の表層水温を桟橋で測定して見ると、7.1℃(出船時のPM12:00頃)、
朝は、6.8℃(AM7:00頃)だったそうで、過去を振り返って見ると、最低水温期に逆戻りしてしまっていた。

本日も前回同様に、ダムサイド周辺~北ワンド、そして、トリワ谷ワンド迄をチェックして見た!ところ・・・
日が当たっている日当側条件で日照時間の有無にも関わらず、然程、水温上昇が見られない!
箇所が幾つも存在していた。

特には、ロングノーズ状の岬などが、その傾向が強く、ダムの放水によってアウトレット側より湖流が発生する為、
影響を受け易いと考えられる。

平均値は、7.1~7.4℃程度だったが、場所によっては、既に、10℃超えの場所も存在していた。(特にワンド最奥)

そんなこんなで、今日も丸々の時間を、手を加えたIS-200を引き倒して来たのですが、
価値ある1尾に巡り会える出来事は起きなかった。

それと、数日間連続での爆風によるターンの影響で水質の悪化している箇所が多く、
未だ、シャローに息は吹き返っていませんでした!

でも、ベイトフィッシュ群は無数に浮いています!それでは、また!


視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bottom-contact | 2013-02-15 09:09 | Bassfishinng
Blogのアップが上手い事行かないので、Test中です!
d0204114_93120.jpg
今日も、これから、池原ダム湖に出陣して来ます!
d0204114_932412.jpg
また、状況をアップしますので、お楽しみに!では、また!


視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bottom-contact | 2013-02-14 08:34 | Bassfishinng
2013年2月12日(Tue)
皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。
d0204114_8483226.jpg
さて、今日から新たな仕事に就く(短期間)予定だったので、『当分、釣りに行けない!』事もあって、
何とか時間を作って湖に出て見ました!
とは言っても、午前中にゴミをホリに行ったり、魚探の水温センサーを交換したり・・・と、
結局、湖上に浮いたのは、お昼過ぎになってしまった。

ここ最近の天候は、『再び、冬に逆戻り!?』の気圧配置となっており、寒い日々が続いていた。が、
それに輪を掛けて、この3連Qは爆風の日が多かった様に思う・・・春一番が何度も、来ている感じ・・・

まず、桟橋付近の様子からは、多少の減水傾向が続き、湖の表層水温は、7.4℃だった。
やはり、余り上昇してはいなかった。
d0204114_8492650.jpg
今回も、前回同様に燃料(ガソリン)節約の為、そう遠出はせずに、ダムサイド周辺の様子を伺って見た。
湖の印象に関しては、消えない泡、表層の膜の様な濁りが発生している箇所が非常に多く、
完全なターンオーバーが起こっている印象を受けた。

湖の表層水温の平均としては、7.1~7.4℃付近だった。
ワンドの中や、奥に入って行くと、8.0℃を超えている箇所も存在したが、この日は太陽が顔を出さない
曇り日だったので、上昇要因は無かった。

当日は、完全なシャロー&ハードプラグのみを徹底して使用し、スピーディーなチェックを行なっていたので、
ノーバイトに終わってしまった。
d0204114_8494887.jpg
PM3:00には、薄暗い空に変わり、一気に冷たい雨が降り始めたので、そそくさと退散した!

その日の夜、またしても、長時間に渡り爆風が吹き荒んでおり、木造の家はミシミシとヒシみ、
飛び起きる程の大荒れ具合だった。

また、更なるターンが起こっているに違いない筈・・・また更に釣れなくなってしまうのか?・・・不安です!


視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bottom-contact | 2013-02-13 08:42 | Bassfishinng
『2013年2月7日(Thu)の池原ダム湖の状況!・・・』

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。

さて、その後ですが、30&31日と、湖上に浮いていたのですが、初バスGET!する事も出来ず、
気が着けば、既に、2月に突入・・・3&5日も更に、初バスGET!する事も出来ず、
完全な迷宮入りを果たしてしまっています。(包み隠さず、正直に申し上げました!)

極端に激サブの日や、爆風の日など、色々と、この厳寒期を体験して来ましたが、
まるで、昨年度の真冬をサボってしまっていた事に、苦汁を舐めさせられ・・・と言うのか?
お灸を据えられている様です!
そして、既に、『何タコ!?』違った記録更新を爆走中!の日々を送っていました。
d0204114_10381662.jpg





















それでも、日々湖上に出ている以上、バイトや、バラシは、あるにはあったのですが・・・
釣れない!日が回を増す毎に、ロッド(タックル)の数が、1本づつ増えて行きました。
d0204114_1038346.jpg

















☆この日使用した
 全てのタックルの画像。


そして・・・とうとう、と言うか?やっと、初バスGET!する事に成功しました!
d0204114_10504361.jpg





















この日は、下流域(ダムサイド周辺)のみを回って見たのですが、水深15~20m付近のスーパーディープも探り、
8~10mラインを線で引くスイムベイトモノ(バクラトスイマーにタングステンチューブオモリ1/4oz+αチューン)や、
5mラインのディープクランキング(IK-420BKWモザイク)と色々と試して見ましたが、大した反応も無く、
期待もしていなかったが、やはり、“IS-200”のクランキングシャッドメソッドにて、
2m以浅のショアラインから48cmのバスをキャッチする事に成功しました。
d0204114_10544931.jpg





















因みに、同じ釣り方で、もう一度同じクラスのバスを掛けましたが、バラしてしまいました。
その他にも、水深16.5m付近のスーパーディープからもバイトのみを得る事は出来ました。
スピニングタックルでM(ミディアム)クラス&PEライン&ヘビーダウンショットリグ(ウエイト/7g)を用いての
リアクション・メソッドにて探って見た結果だった。エリートクロー3.5インチ使用。
d0204114_1040437.jpg

















☆この日使用した
 一軍ルアーの画像。


-感想-
まだまだ、見えて来ない!事だらけ!の池原ダム湖の状況ですが、間違いなく春を意識し始めている個体の数は、
増えて来ている筈。
この2月、山間部の頂き付近の雪シロが完全に無くなった後に、ある程度のまとまった降雨量(温かい雨)が数回
降り続けば、バスは上流域を目指し、そして、ショアーラインに浮遊するベイトフィッシュ群に着く事が予想されます。


現在の池原ダム湖の減水度合いは、マイナス17m程。
既に、今シーズンでは最低水域に達している為、水位が上昇しない限り、
毎回、ショアーラインには、泥の層が浮かび上がって来るので、
強い風等の条件によって、水質は更に濁り、白濁化して行く筈。
この様な条件が揃って行けば、湖の表層水温が10℃を上回った頃、ハードルアー(巻きモノ)のシーズン到来と
なるであろう!
そんな日が来るのを待ち侘びつつ、日々の釣行に出向きたい!と思っています。

それでは・・・

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bottom-contact | 2013-02-07 22:10 | Bassfishinng
『2013年1月末迄の池原ダム湖の状況!・・・』

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。
大変、ご無沙汰をしております!また、間が空いてしまい、スミマセン!!・・・
d0204114_1032994.jpg

さて、新たな年を迎えた今シーズンの開幕以降、既に初釣りを済ませて来たのですが・・・お恥ずかしながら・・・
20(Sun)&24(Thu)日共に、ノーフィッシュ&ノーバイト!?の丸ボーズ!完全試合を仕出かしてしまっておりました。

全く、当てる事が出来なかったと言う、不甲斐無い結果に陥ってしまった訳ですが、
未だ、原因も見当たらない状況に右往左往してしまっています。

20日(Sun)は、白川筋をメインに!と考えていたのですが、日曜日と言う事もあってか?
以外な程の盛況ぶり!同筋だけで20艇程のボートが湖上に浮かんでいた。

その際の湖の表層水温は平均を取っても、下流域で平均7.5℃、中流域で7.1℃だったが、
更に上流を目指して見ると、白川又川とのインターセクション辺りで、何と、3.1℃!!

白川筋のBW部は、まだ遥か先に位置するにも関わらず、完全な雪解水が流入しており、
上流域は全滅!の状態を容易に判断する事が出来た。
この様な状況に輪を掛けて、この日の白川筋では爆風!釣りにならない!程のコンディションだった。
d0204114_10343954.jpg

この日は、ロングランとなる坂本筋・上流部にも向って見たのだが、6.8℃と、釣果の方も合わせて芳しくなかった。


リベンジとしての2日目、24日(Thu)は、高気圧に覆われ、比較的暖かいポカポカ陽気日だった。

ディープレンジの釣り展開をメインに、ダムサイド・下流域を中心に、白川筋・中流域、備後筋全域、
前鬼筋・下流域と駆け回って見たものの、結果、度々の完全試合達成!

夕マズメに入った前鬼筋・第一ワンドでは、6.8℃と体感気温も非常に低く、異様な程の
ただ寒い思いをしただけに行った様なものだった。

数少ない状況判断の結果から申し上げますと・・・
ベイトフィッシュ群は今だに浮いており、シャローを見渡すと数多く、肉眼で確認出来るほど濃い。

それと、備後筋が最もホット!な川筋である様に感じられる。
この日でも、MAX 10℃に達していたエリアは、同筋だけでも数箇所確認出来た。
雪解水の流入による悪影響の心配も一番に可能性が少ないのも、うなずける。

そんなこんなで、未だ、初バスGet!も出来ずに、ディープ&シャローを駆け巡っているのですが、
3度目の正直となるか?30日(Wed)のリトライに賭けて見たい!

特にこの時期、魚探の水温計はコマメにCheck!(観察)するべし!
例え、ポカポカ陽気の日であっても、前日に暖かい雨が降っていたとしても、日照時間や雪解け水の流入など・・・と
肉眼では決して判断出来ないマイナス要素の条件が身を潜めている。ので、お見知りおきを・・・

今シーズンの開幕以降、一筋縄ではなかなか行かない、池原ダム湖に、四苦八苦ではありますが、
この先も詰めて、釣行に出掛けたい!と考えています。

それでは、また!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bottom-contact | 2013-02-01 09:57 | Bassfishinng
2013年01月
新年、あけまして おめでとうございます! 本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
d0204114_8401496.jpg

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス “BOTTOM CONTACT” の井上 太です。

2013年01月15日(Tue) 
d0204114_8425795.jpg
さて、昨年末までは、
わりと小マメに湖上へと
出向いていたのですが、
新年を迎えてからと言う
もの、未だ初釣りには
行けていないのが実情
です!スミマセン、
最新情報が出せずに・・・

今朝は、15日AM5:00・・・

昨日の祝日は爆弾低気圧の悪影響にて、全国各地
では積雪による大荒れ
モード!

新成人の方達には大変、
お気の毒な超悪天候と
なった様子。d0204114_8472911.jpg


ここ下北山村では、
終日の雨が朝から
降り続き、38mmの
降雨量を記録していた。

夜半からは、まるで台風時の様な強風が吹き荒み
大荒れだった・・・

今朝の気温は、0℃。

日中もMAX 6℃の
予想最高気温との事
だそうです・・・

それでは、また!

画像の全ては、年末最終
釣行日(12/27)の際に撮影
した(しょぼーぃ)釣果です!


お知らせ
-YouTube動画- 井上 太の個人動画がスタート!!です・・・ 『現在(今)の池原&七色ってどんな感じ???』 
プロガイド 井上 太のドタバタ釣行記!只今、湖上にて奮闘中!Now on Release (動画配信中)!
このBlogに関しましては、休止中!にて、今までのところ、長期に渡って、お休みを頂いておりますが、
既に、YouTube動画にて、湖の近況を伝えるべく、動画発信中!と言った新しい試みがスタートしております。
現在、10話分公開アップ中です!
僅か、10分程度の枠コマではありますが、移り行くその日のコンディション(状態&状況)を、
包み隠さず伝えておりますので、良かったら、一度、Check!して見て下さい!

URL:http://www.youtube.com/user/BOTTOMCONTACT2104

 第1話:『井上太×厳しい条件下池原ダム・白川筋編(9/5)』  URL:http://www.youtu.be/61GYg0Zm1BE
 第2話:『井上太×厳しい条件下池原ダム・前鬼筋編(9/6)』  URL:http://www.youtu.be/vP5iQY7dsgQ
 第3話:『井上太×第2回七色オープン参戦記!4位入賞!編(9/9)』 URL:http://www.youtu.be/yJTf6ut1bbU
 第4話:『井上太×台風16号接近にて大増水!池原ダム編(9/19)』  URL:http://www.youtu.be/N9EqLI97v14
 第5話:『池原のハイポテンシャルを垣間見たBWパラダイス!前編』  URL:http://www.youtu.be/Dq2Gi9P5hCA
 第6話: 『池原のハイポテンシャルを垣間見たBWパラダイス!後編』 URL:http://www.youtu.be/cuHZxvfrkos
 第7話: 『タフコン!?初秋の七色貯水池編(10/12)』          URL:http://www.youtu.be/0n6PkzaER40
 第8話:『激シブっ!?晩秋の池原ダム 坂本筋編!(11/7)』      URL:http://www.youtu.be/6X59JwdL3SM 
 第9話:(番外編)『第9回カーブの店カップ報告!(前編)』        URL:http://www.youtu.be/Jh7ktyDnCec
 第10話:(番外編)『第9回カーブの店カップ報告!(後編)』       URL:http://www.youtu.be/VIyJ9TvpxEE

番外編:下北山村役場公式ホームページ
 第1話;『池原湖のブラックバス釣り/2012夏/前編』URL:http://www.youtu.be/lwodOj-yVR0
 第2話; 『池原湖のブラックバス釣り/2012夏/後編』 URL:http://www.youtu.be/5VbaRTQE7Es


池原ガイドサービスに関する、ご案内&お問い合わせは、こちらへ・・・
 \ 25,000-(お一人様/8時間枠)
 携帯:090-9167-9500  
 HPメール:bottom-contact@softbank.ne.jp
 PCメール:b-c2104@m5.kcn.ne.jp

視聴された方々へ・・・バナーボタンをワンクリックして下さいね!
総合ランキングUPへの一票をお願いします。

d0204114_1033233.jpg
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bottom-contact | 2013-01-15 08:18 | Bassfishinng