ブログトップ

田舎への憧れ、そして池原ダムに魅了されて・・・

botocon.exblog.jp

“人里離れた田舎でのひとり暮らし・・・”

『屈折、何度目の正直!初バスGet!』

『2013年2月7日(Thu)の池原ダム湖の状況!・・・』

皆さん、どうもこんにちは!池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。

さて、その後ですが、30&31日と、湖上に浮いていたのですが、初バスGET!する事も出来ず、
気が着けば、既に、2月に突入・・・3&5日も更に、初バスGET!する事も出来ず、
完全な迷宮入りを果たしてしまっています。(包み隠さず、正直に申し上げました!)

極端に激サブの日や、爆風の日など、色々と、この厳寒期を体験して来ましたが、
まるで、昨年度の真冬をサボってしまっていた事に、苦汁を舐めさせられ・・・と言うのか?
お灸を据えられている様です!
そして、既に、『何タコ!?』違った記録更新を爆走中!の日々を送っていました。
d0204114_10381662.jpg





















それでも、日々湖上に出ている以上、バイトや、バラシは、あるにはあったのですが・・・
釣れない!日が回を増す毎に、ロッド(タックル)の数が、1本づつ増えて行きました。
d0204114_1038346.jpg

















☆この日使用した
 全てのタックルの画像。


そして・・・とうとう、と言うか?やっと、初バスGET!する事に成功しました!
d0204114_10504361.jpg





















この日は、下流域(ダムサイド周辺)のみを回って見たのですが、水深15~20m付近のスーパーディープも探り、
8~10mラインを線で引くスイムベイトモノ(バクラトスイマーにタングステンチューブオモリ1/4oz+αチューン)や、
5mラインのディープクランキング(IK-420BKWモザイク)と色々と試して見ましたが、大した反応も無く、
期待もしていなかったが、やはり、“IS-200”のクランキングシャッドメソッドにて、
2m以浅のショアラインから48cmのバスをキャッチする事に成功しました。
d0204114_10544931.jpg





















因みに、同じ釣り方で、もう一度同じクラスのバスを掛けましたが、バラしてしまいました。
その他にも、水深16.5m付近のスーパーディープからもバイトのみを得る事は出来ました。
スピニングタックルでM(ミディアム)クラス&PEライン&ヘビーダウンショットリグ(ウエイト/7g)を用いての
リアクション・メソッドにて探って見た結果だった。エリートクロー3.5インチ使用。
d0204114_1040437.jpg

















☆この日使用した
 一軍ルアーの画像。


-感想-
まだまだ、見えて来ない!事だらけ!の池原ダム湖の状況ですが、間違いなく春を意識し始めている個体の数は、
増えて来ている筈。
この2月、山間部の頂き付近の雪シロが完全に無くなった後に、ある程度のまとまった降雨量(温かい雨)が数回
降り続けば、バスは上流域を目指し、そして、ショアーラインに浮遊するベイトフィッシュ群に着く事が予想されます。


現在の池原ダム湖の減水度合いは、マイナス17m程。
既に、今シーズンでは最低水域に達している為、水位が上昇しない限り、
毎回、ショアーラインには、泥の層が浮かび上がって来るので、
強い風等の条件によって、水質は更に濁り、白濁化して行く筈。
この様な条件が揃って行けば、湖の表層水温が10℃を上回った頃、ハードルアー(巻きモノ)のシーズン到来と
なるであろう!
そんな日が来るのを待ち侘びつつ、日々の釣行に出向きたい!と思っています。

それでは・・・

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
[PR]
by bottom-contact | 2013-02-07 22:10 | Bassfishinng